借金返済のコツ

借金返済のコツは、一つの方法しか返済の方法はないと考えすぎないことです。借り入れをする際には返せる見込みが十分あったとしても、何らかの状況の変化によってどうしても返済が厳しくなることもあるでしょう。責任感のある人ほど、何とか返さないといけないと窮屈に考えてしまい、自分を必要以上に追い込んでしまう傾向があります。しかし、民事再生をはじめとして、借金返済のためにとれる手段はいくつでもあるはずです。まずは自分がいくら借りていて、いくら利息を支払っているのか、現在のペースだといつ完済できる見込みがあるのか、それとも現状完済の見込みは全くないのかなど、自分の状況を整理してみましょう。

法的な手段に罪悪感を抱いてしまう人もいるかもしれませんが、債務整理をして生活を立て直すことができるなら、法的な手続きを利用することには大きな価値があります。自暴自棄になったりせずに、利用できる制度がないか一度弁護士に相談してみましょう。お金を貸す側もそれによってお金を儲けていますので、当然その取引上貸付額の回収が予定よりもできないというリスクは織り込み済みです。遠慮せずに法的な手段によって少しでも返済が可能となるように努力するのが誠実な対応といえるかもしれません。

民事再生の方法

民事再生を行う手順としては、まずは弁護士に相談することが必要です。弁護士に相談に行く際には現在の借金の詳細がすぐに把握できるようにどこからいくら借りているのかを明確になるような資料を持参しましょう。最近の領収書なども可能な限り揃えていくと相談もスムーズに進むでしょう。こうして状況をプロが精査して民事再生を行うことができるかどうか具体的に検討していくことになります。弁護士が民事再生が可能であると判断した場合、裁判所に申し立てて書類を提出します。この時点で裁判所の判断が出ていなくても一旦借金の取り立ては停止します。弁護士はその後借金返済計画を立て、債権者とも話し合います。その後、裁判所がそうした計画を認可すると民事再生の適用が決定します。

基本的には3年間で減額された借金を返済することになりますので、民事再生が適用された場合、実現可能な返済計画の下で3年間努力すれば借金からは解放されることになります。このように具体的に返済の期限を理解しておくことも、モチベーションを維持して返済する上では大切なことで、こうした明確な目標があるからこそ、返済計画を履行していこうという意識も生まれます。現状を打開したい場合には、一度弁護士に相談してみることから始めてみましょう。

借金返済のための民事再生とは

借金が返済できなくなることは残念ながらあり得る話です。会社規模でも個人でも、謝金の返済に滞りが出てしまうと計画が大きく狂ってしまうこともあるでしょう。そのような時に役立てることができる制度に民事再生というものがあります。民事再生とは、どれだけ計画を見直してみても返済が見込めないような場合でも自己破産はしたくない、または自分の財産を手放したくはないという場合に有効な手段です。

民事再生をするためには継続して収入の見込みがあることがまず前提となります。借金の総額が5000万円以下の場合は小規模民事再生となり、もしもサラリーマンの場合にはさらに簡略化された民事再生が可能となります。この民事再生の最大の特徴は、住宅などの生活はそのままの状態で借金を減額し、囲碁の利息もカットできるという点です。通常は謝金総額の5分の1を3年間で返済できるように計画されます。

この民事再生にはさまざまなメリットがあります。一つの利点は家や自動車などの財産を手放す必要がないという点でしょう。今の生活水準を大きく落とすことなく、謝金の返済計画委を立てることができますので、精神的なストレスも大きくカットすることができますし、経済的にも余裕をもって返済にあたることができます。また、自己破産の場合には一定期間の間保険の外交官や警備員などの職業に就くことはできませんが、民事再生の場合はそうした制限はありませんので、そうした職業についている方は仕事を変えることなく返済を行うことができます。