民事再生の方法

民事再生を行う手順としては、まずは弁護士に相談することが必要です。弁護士に相談に行く際には現在の借金の詳細がすぐに把握できるようにどこからいくら借りているのかを明確になるような資料を持参しましょう。最近の領収書なども可能な限り揃えていくと相談もスムーズに進むでしょう。こうして状況をプロが精査して民事再生を行うことができるかどうか具体的に検討していくことになります。弁護士が民事再生が可能であると判断した場合、裁判所に申し立てて書類を提出します。この時点で裁判所の判断が出ていなくても一旦借金の取り立ては停止します。弁護士はその後借金返済計画を立て、債権者とも話し合います。その後、裁判所がそうした計画を認可すると民事再生の適用が決定します。

基本的には3年間で減額された借金を返済することになりますので、民事再生が適用された場合、実現可能な返済計画の下で3年間努力すれば借金からは解放されることになります。このように具体的に返済の期限を理解しておくことも、モチベーションを維持して返済する上では大切なことで、こうした明確な目標があるからこそ、返済計画を履行していこうという意識も生まれます。現状を打開したい場合には、一度弁護士に相談してみることから始めてみましょう。