借金返済のための民事再生とは

借金が返済できなくなることは残念ながらあり得る話です。会社規模でも個人でも、謝金の返済に滞りが出てしまうと計画が大きく狂ってしまうこともあるでしょう。そのような時に役立てることができる制度に民事再生というものがあります。民事再生とは、どれだけ計画を見直してみても返済が見込めないような場合でも自己破産はしたくない、または自分の財産を手放したくはないという場合に有効な手段です。

民事再生をするためには継続して収入の見込みがあることがまず前提となります。借金の総額が5000万円以下の場合は小規模民事再生となり、もしもサラリーマンの場合にはさらに簡略化された民事再生が可能となります。この民事再生の最大の特徴は、住宅などの生活はそのままの状態で借金を減額し、囲碁の利息もカットできるという点です。通常は謝金総額の5分の1を3年間で返済できるように計画されます。

この民事再生にはさまざまなメリットがあります。一つの利点は家や自動車などの財産を手放す必要がないという点でしょう。今の生活水準を大きく落とすことなく、謝金の返済計画委を立てることができますので、精神的なストレスも大きくカットすることができますし、経済的にも余裕をもって返済にあたることができます。また、自己破産の場合には一定期間の間保険の外交官や警備員などの職業に就くことはできませんが、民事再生の場合はそうした制限はありませんので、そうした職業についている方は仕事を変えることなく返済を行うことができます。

Published by admin